お手入れしやすく収納性が良いホットプレートをご紹介

>

ホットプレートには複数の過熱方法やプレートの形状がある

付属プレートを重ねて収納ができる

ホットプレートは、毎日使用する調理器具ではないので、収納している期間が長くなることがあります。
サイズが大きいというものも多くあり、使わない際の収納性にも注目しましょう。
ホットプレートにより、付属プレートを重ねてコンパクトに収納が可能なように工夫されているものもあります。
収納スペースやホットプレートを使用する頻度を考えてホットプレートを選ぶと良いでしょう。
ホットプレートをいつまでも清潔に使用するためには、正しいお手入れが欠かせません。
また、使用後のお手入れに時間がかかりすぎると大変になり、ホットプレートを購入しても活躍の場が減ってしまうのです。
本体とプレートが一体型となっているものは、丸洗いできないので汚れを拭き取ります。
種類により水洗いが可能なものもありますが、一体型は電源コードが取り外せないことが多いので、洗う際は水分による故障などに注意が必要です。

使用する場面を想像して選ぼう

ホットプレートについては様々な大きさがあり、使用する場面により適したサイズが変わるでしょう。
お友達が多く頻繫に遊びに来るなど来客が多いとか、家族でバーベキューが好きだから家の中でも色々焼きたい!など、どのような場面でホットプレートを使用するのかを想像するとサイズが選びやすいでしょう。
今後どのような料理を作るのに活用し、どんな料理でホットプレートを使用したいか?より具体的に考えてみると良いでしょう。あの料理が作りたい、毎月開催するパーティーで振る舞うあの料理で使える!料理や使用の用途によって選び方が変わってきます。
一人暮らしやカップルなら、20センチから30センチ程の小型のホットプレートが使用しやすく、家族やホームパーティなど大人数で使用することが多い際には、40センチ以上の大きいサイズが適しています。


この記事をシェアする