お手入れしやすく収納性が良いホットプレートをご紹介

>

ホットプレートの種類は熱源により分類される

ホットプレートには様々な形状の物がある

ホットプレートについては、様々な形状のプレートがあり、複数あるものなら料理の幅がぐっと広がるでしょう。
オーソドックスな平面のプレートでは、お好み焼きや焼きそばなどがおすすめです。
波型のプレートは凹凸部分に余分な油が落ちるため、肉や野菜に波型の焼き目がつくため、よりおいしそうな見た目に出来上がります。
表面に凸凹や穴があって、余分な油をプレートの下に落としすので、ヘルシーに料理を楽しみたいという方向けです。
たこ焼きを作ることが可能なプレートで、ミニマフィンやベビーカステラなどのお菓子も作れます。
プレートの上にスチーマーを置くことにより、蒸し料理が作れて肉や野菜を蒸すことはもちろん、バーニャカウダやシュウマイも楽しめるでしょう。

ホットプレートの加熱法は様々な種類がある

ホットプレートの加熱方法については、主に電気を使用する「ヒーター式」や「IH式」・「赤外線式」とガスを使用する「ガス式」の4種類があり、全て焼きムラができにくいヒーター構造です。
「ヒーター式」は、シーズヒーターなどの電熱線よりプレートを加熱し、ホットプレートにおいては定番の加熱方法で、種類も豊富で本体の価格についてもリーズナブルなものが多数あります。
「IH式」は電磁力を導入してプレート全体を加熱し、熱効率が高く極微な温度調整や火力調整ができます。
「ガス式」の製品は、カセットコンロと同様でガスボンベを使用します。
火力が強くて、コードレスなためどこでも使用が可能なのが特長で、カセットコンロとして使用できるモデルもあります。
「赤外線式」は、赤外線を使用して、プレートを加熱するものと直接食材を加熱するものがあり、食材に熱が通りやすく、炭火焼きのような出来上がりになります。


この記事をシェアする